初心者の株の始め方

株の始め方を初心者に説明しています。
株を始めるならどうやって儲ければいいのか?
投資の本、実体験で学んだ知識を紹介します。

株式投資とは?

株は、証書です。
企業の事業にお金がかかります。
資金を調達するときに資金と引き換えに発行する証書です。

その株を私たちが購入すると株式投資と言います。
以前は株券がもらえていました。
今は電子化されています。

株を売りたい人、買いたい人を集めている場所が
証券取引所です。

株を企業が売るときに公募を出しただけでは
顧客、社員の知り合いしか集まりません。
効率よく人を集めるために株式を売っている場所を提供している。

株の利益はどうやって出せばいいと思いますか?

すぐに思いつくのは、株を安く買って高く売る。
値上がり益(キャピタルゲイン)

他にも儲け方は2つあります。

株を購入している人に企業が利益の一部を還元する。
配当(インカムゲイン)

株主に優待で還元する
株主優待


株式を安く売って高く売ると値上がり益で儲かる。
買った株を保有して、配当金や株主優待で儲ける。

株式投資の参加資格

株式投資は証券口座に口座を開設すれば始められます。
年齢や職業、性別は関係ありません。

・0歳児でも証券口座は開ける。
・未成年者は親の許可がいる
・日本に住んでいて成人している
・働いていない、専業主婦、無職
・会社員
・老人

残念ながら証券口座を開設できない人もいます。
証券会社の社員、
反社会勢力の構成員。

前者はインサイダー取引を疑われる。
後者は資金源になってはたまらないからです。

株式投資の購入は簡単

証券口座の参加障壁はどんどん薄くなっています。

・1円から投資に参加できる。
投資信託を利用すれば1円から参加できます。

以前は証券口座を開くお金、維持管理手数料がありました。
競争が激化していって無料で始められるようになっています。

・単元未満株で1株単位の購入ができる。
現在は全銘柄が100株単位で購入できます。
上場している企業によっては1株4万円なんて言うのもありました。

株を100株買うのを単元と言います。
それ未満で買えるのが単元未満株での購入。

1株4万円の株なら400万円必要だった
単元未満株で4万円で購入者に成れる。

最低限必要な金額は50円ほどです。
単元株が1000円なら1050円と会社ごとの手数料

取引手数料って安いほうが利用者が増えますよね。
会社で顧客を囲い込むためにどんどん安くなっています。

儲かっている人の投資は年間30回ほど。
1回100円で3000円。

株の売買の仕方

株を始めるために証券口座にお金を入金する必要がります。
ネット証券で即時入金サービスを使って当日に入金しました。

証券会社のトップぺージからID,パスワードを入力して
ログインします。

取引画面で買いたい銘柄を入力。
買い注文で株数を入れると
自働で必要金額がでます。

注文を入れたら確認画面が出てきて、
暗証番号を入力すると注文が入ります。

取引は、前場と後場に分かれています。
証券会社による違いはありません。
午前9時から11時30が前場
12時30から15時が後場

前場と後場の時間帯以外でも注文を受け付けています。
土日、祝日は休みになります。


投資を始めたいと思ったら、
証券口座をすぐ開くのがおすすめです。
投資関連の知識を得ている時間で2,3日。
この間に郵送手続きが終わるから。

証券口座の画面をみつつ
学ぶ方がわかりやすいでしょう。