適時開示情報を投資に役立て、東証の昇格を見逃さないようにしよう

優待銘柄のバリュー投資をやっています。
割安な株を見つけて、投資。
東証1部、2部に昇格したところで売る。
2部に上がって1部に昇格しそうなら持っていてもいいですね。

どこから割安な株を見つけてくるのか?


僕はこのサイトだけみてます
適時開示情報閲覧サービス - 開示情報一覧
東京証券取引所が発表しているもの。
毎日チェックしようね。

そうはいっても何を見ればいいかわからない。
指定替えを狙う意味となにが昇格サインになるのかを覚えていきましょう。

企業が今までいたところから指定替えを狙うとき
たとえば
東証1部に昇格すると採用の幅が広がる、ブランドが高まります。
昇格したいと思う企業は上へ上へあがるためにがんばっていくでしょう。

指定替えを目指すなら
東証2部、マザーズにいったん上がって1部に昇格が王道
1部に直接上場するのに比べて
条件が緩くなるからです。

東証1部に昇格できるとき
株主数が2200人以上で
時価総額が40億円以上
流通株式数が2万単位以上
など。


ようは
企業の価値を高めるとみんな株を買ってくれるわけで。

昇格サイン
株主数の増加を狙い、
優待の新設、拡充して魅力を上げます。
立会外分売、株式分割も同じことを狙っています。
市場変更のニュースも見ていきましょう。

立会外分売りとは
企業が大株主が株を売りに出すこと
割引価格で売られて手数料が無料。

保有している株を売るときは2パターン
指定替えを狙う
売り逃げ
立会外分売りをやっているときは
「赤字」になってないか
「不祥事」を起こしてないか
気を付けないと変なのつかまされちゃいます。

株式分割とは
株を分割して購入単価を下げるのが目的
買いやすくなれば需要が上がり指定替えを狙える

注意すること
良いニュースと悪いニュースをセットに発表する企業がある。
直近でいうと堀田丸正。
優待拡充を発表したにもかかわらず、株価は下落
500株以上1500未満で買い物券1000円が
500株以上1500未満で買い物券2000円に。
従来の株数で2倍買い物券がお得になりました。
が、あわせて配当金の減少
1株当たり4円の配当金が0.25円に。

発表時
2018年3月15日時点の株価(終値)は375円
現在
2018年6月12日時点の株か(終値)は169円
1年スパンで見るとおもしろいくらい
3月15日を境にして下落し続けています。
3月26日の206円あたりまで坂を転がり落ちるようですね!

適時開示情報はすみからすみまでみないと後悔しますね!
ブックマークでも入れておいて
スマホ片手にチェック
通勤時の待ち時間
ご飯食べてぼーっとしてるとき
後でパソコン使ってみるといいですよ。

最後は
昇格サインのおさらい
覚えてますかー?

優待の新設、拡充。
立会外分売、株式分割。
市場変更のニュースも見ていきましょう。