扶桑電通はクオカードの優待新設、企業分析

扶桑電通は今年に優待新設しました。
クオカードが株数に応じてもらえる。
100株で1000円
1000株で3000円

優待新設ということで
投資家が買いやすく、
値が下がりにくくなりますね。

ファウンドメンタル分析
証券会社のを見るだけなんですけど。
PER 14.48倍で15付近の適正値
PBR 0.64倍は1より小さいからお得。

PBRが低いのは人気が無いからか?

決算短信を見ていきます。
優待の目的
株主様に当社株式を中長期
にわたり継続して保有していただくこと

東証一部目指しま~すって書いてあれば
買いやすいんですけどねえ。
そんな単純じゃないか。

受取手形や
商品が少なめ。
現金を持っている企業。

時価総額は61億円。
株主が四季報の時点で975名。

優待が増えたことだし、1000人くらいったのでは?
あと2,3回優待や株関係で好材料が来れば一部上場へ。

買ってみたいですね。