イオン食費の節約、日付や優待を利用して浪費を抑えましょう

食費は月3万円。消費税増税が控えている中で
何とか節約できないものだろうか?

イオンは上場しているスーパー。
全国展開していて多くの顧客獲得に熱心です。
ここで食材を買うときに割引制度がいっぱいある

あなたは割引制度を使えていますか?

5の付く日などの感謝デー
優待
クレジットカード

この3点が大事

5の付く日はポイントが二倍
クレジットカードとWAONばらいで2種類。
クレジットカード払いでポイントが付く。
クレカがおすすめだ。

それでも5日、15日、25日とイオンに行ける人はどれくらいいけるだろう。
共働きの夫婦が増えているなか、仕事と嚙合わせるのは難しい。

そんなあなたに、
イオンの株主優待便利

イオンは上場していて株主優待が使える。

株主優待カードがあれば株数に応じて3から最大7%までキャッシュバックがある。

これは感謝デーの5パーセントオフと併用できる。

100株で3%
500株で4%
1000株で5%
3000株で7%

保有していれば株主優待カードが届く。優待は年2回で半期100万円が上限。

食費で1年200万も使うだろうか?まずつかわない。

毎月3万円なら年36万。
これの3%のキャッシュバックで10800円だ。

5パーセントオフと組み合わせればもっとあ上がるし、
クレジットカードと併用してもいい。

イオンカードはセレクトにする

カードがお得だと聞いて
なんとなく選んでいないだろうか。

イオンはイオンカードセレクトがいい。電子マネー、イオンカード、キャッシュカードの3つの機能が1つになっている。

これでイオンの買い物でポイントの2重取りが可能だ。

イオンカードセレクトでWAONにオートチャージをする。

申し込みの時に洗濯してもいいし、WAONステーションでチャージしてもいい。

レジでWAONを利用して支払う。これでチャージで200円に月1ポイントのWAONがついた。

支払いの時は同じく200円で1ポイントが付く。

オートチャージの0・5%、支払い時で0.5%のポイントが付き還元率1%。

普通のイオンカードは還元率0.5なので2倍になる。

なぜなら、クレジットカードからのWAONへのチャージにポイントがつかない。

あなたは
イオンカードセレクトが
一番お得なんだなってわかったろう