3000円投資生活をやってみた?投資先のネタバレあり

横山光昭のはじめての人のための3000円投資生活です。
2冊目の3000円投資生活で本当に人生を変える!は簡易版。
1つもってればいいでしょう。

本書は適度な分量で事例、投資先をわかりやすくまとめていた。
投資をやってみたい!という人は何に投資すればかを知りたいところ
3000円から気軽に積立投資してみたいですよね。

どこに投資すればいいの?

インデックスファウンドから選ぶ。
世界経済インデックス
eMAXISバランス(8資産均等型)

どうしてこの2つなのか
投信にはプロが考えて決めるアクティブファウンドと、
機械的に決めるインディックスファウンドがあります。

成績がいいのはインディックスファウンドなので
機械的に決められるものを進めています。

分配金は再投資型
特定口座は20万円以下なら源泉徴収無しを選ぶこととあります。


再投資は複利で稼いでいくもの。
毎月受け取る方法だと、手数料が余計にかかる。
稼いだお金を手数料に回したほうがよい。

再投資を選びましょうね!
おすすめしているのは大手の取引所

SBI証券。

ネット証券は、SBI 、楽天、マネックス、カブドットコム。
いろいろありますが好きななものを選んだらいい。

どこも大差ないから大丈夫!

気になるのが一点。
3000円積み立て投資の著者は毎月積み立てるお金を増やしていくように書いてあります。
慣れてきた増やすとのこと。


ですが、もっているお金を寝かすだけになりますよね。
貯金からマイナス3000円で残りは?

効率的なのは1括で、数百万円まかせて放置。

また、一括のほうがお金がかからなくて済みます。
投信は販売手数料、信託財産留保額、信託報酬といった手数料がかかります。

トイレットペーパーや年会費、なんでもまとめるとお得になります。


僕は余剰資金をこれ!ときめたら全額突っ込んむように改良しましょう。

もしものときはどうするんだ?
本書に生活防衛資金が具体的の書いてありました。
突然の事故・病気の備えに月収の7.5ヵ月

これだけとっておいて稼いだ分をためていく。

年一回一定の金額になったら
まとめて投資していくのがおすすめです。

投資先はなぜこの2つ?
上2つで1回振り分ける
国際が海外
国内がeMAXISのもの。

日本の企業に半分
海外に半分取っておくと

円高、円安両方に対応できる。
なのでバランスよく投資ていきます。

投資先は1つのかごにもるなというやつですね。

1年たってまとまってきたら
書籍にあったほかの投資先へ振り分けていきます。
実績より手数料が安いものを目当てにしてやっていくといいでしょう。

ほかに、どんな話が合ったのか?

節約
格安スマホに買える
浪費をしないように固定費削減をすすめていました。
ここでなくても知れる内容ですね。

確定拠出年金
した噛みそう。
年金とは別に入ると所得税が減額になる。
払った分は60で退職した時に支払われます。
いま20代前半の若者は半分100まで生きる世の中。
多くの大人が60代以上到達するでしょう。

なのでこういった仕組みは利用していったほうがいいです。
企業に勤めている方、自営業の方は入れます。
主婦の方は気軽に何か始めてみるといいですね。
文字書き、写真撮影など。
思いのほかお金稼ぎって転がっているものです。